*

2017年のSSTRについて

公開日: : SSTR , ,

こんにちわ、私はSSTRに参加し始めたのは2017年でした。それから毎年参加を続けており2020年で4回目となります。 今回は過去のSSTRを振り返って初参加の方などに、安全に楽しんでもらう為に記事にしました。

準備編

コースを考える

出発地点は、各自が決めるのですが、ゴールは石川県のなぎさドライブウェイです。必ず事前にコースを決めておきましょう。スタート地点は以下の赤い線以外の部分です。画像は公式サイトから借用です

私は東京在住なので、スタート地点は東京湾にしています。住所は「〒136-0082 東京都江東区新木場3丁目2」の南千石橋バス停を毎年スタート地点としています。 バイクを停めやすく、公園の中に入ったりしなくて済むからです。

2017年のコース

  1. スタート
  2. 首都高から中央道で、道の駅(八王子滝山)
  3. 松本ICから国道158号
    この国道158号は観光バスなどが通行するため、ノロノロ運転が多くなり疲れます。また、時間も掛かりました。
  4. 道の駅(風穴の里)
    SSTR参加者も多く話に花が咲きます。
  5. 国道158号で、高山まで抜けてました。
    本来なら平湯ICで国道158号とは別れて国道471号で富山県に向かうのですが(実際そんな参加者が多かった)私は高山に向かいました。
  6. 高山ICから高速道路を使って福岡ICで下りました。
  7. 道の駅(メルヘンおやべ)
  8. ゴール

走行時間は10時間53分 走行距離 493時間 指定道の駅は2カ所でした。

このコースの感想

他の参加者も多く安心して走れます。また、給油ポイントも多いので安心です。しかし、5月で乗鞍岳に行くツアーバスなどで渋滞もします。

装備編

  • ジャケット
    私は、3シーズン用ジャケットにしました。それだと暑いと思う方もいるかもしれませんが、5月の早朝から走るので寒いです。また、必ず峠や山を進むことになると思いますので、寒くない格好にしましょう。
  • 雨具
    雨具は必ず持って行きましょう。雨具は防寒着にもなります。晴れていても必ず持って行きましょう
  • スロットルアシスト
    アクセスを開けたままにしてくれる機能です。車などではオートクルーズなんて呼ばれていたりします。

    これは、ハンドルを握らず手を置くだけでアクセルが開く物です。長距離の高速道路などでは疲れが軽減されます。
  • スマフォホルダー
    スマートフォンをハンドルに固定する機具です。

    これがあれば、ナビも見られます。
  • USB電源取り出しキット
    スマートフォンホルダーを付けたら、充電もしたくなります。バッテリーから電源を取り出しましょう。 リレーを挟む事を忘れずに。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年のSSTRについて

こんにちわ、私はSSTRに参加し始めたのは2017年でした。

【ブーツ】ガエルネ フーガ 買ってみた

ツーリング用ブーツの購入 久しぶりにツーリングブーツを購入しました。3

オイル交換 AZ MEG-018 16676キロ

オイル交換を2017/5/4に行いました。SSTRに参加するため、オイ

ツーリングに持って行って良かったランキング

SSTR2017に参加して、約11時間で500キロを走った結果、持って

SSTR2017の結果

SSTR2017の結果です。詳細な参加記事は、こちら 完走しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑