ツーリングに持って行って良かったランキング

SSTR2017に参加して、約11時間で500キロを走った結果、持って行って良かった良かった物をお知らせします。

1位 スロットルアシスト

長時間アクセルを握っていると、振動が手に伝わって疲れてきます。また握力が弱まってきてアクセルが握れなくなったります。このスロットルアシストを付ければ、手のひらでアクセルを開けることが可能です。軽く握って手のひらでアクセルを開けます。

[amazonjs asin=”B002D1M80Y” locale=”JP” title=”ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001″]

値段も1000円ちょっとです。買って損はありません。

2位 スマートフォンホルダー

これ、絶対あった方が良いです。この写真の部分にスマートフォンをマウントします。私はSO-03Hを使っていますが、問題なく使えてます。スマートフォンでは、Yahooカーナビアプリを使って、ナビとして使ってます。また白いゴムが付属しているので、振動などでスマートフォンを落とす事もありません。付けて良かった。ちなみに、アプリのyahooカーナビですが、高速道路では、「速度に注意して下さい」と音声が流れる場合があります。これは、オービスの位置を教えてくれるメッセージです。なので、「速度に注意して下さい」と音声が流れた場合は、アクセルを緩めましょう。

[amazonjs asin=”B00YC4PL40″ locale=”JP” title=”デイトナ(DAYTONA) スマートフォンホルダーWIDE IH-550D リジット 92601″]

3位 USB電源

スマートフォンをカーナビ代わりにつかうと、バッテリーが心配です。そこで走行中も充電できるようにUSB電源を取り付けました。USBポート2つある物などありますが、私は1ポートにしました。スマートフォン以外で充電する機器はありません。

[amazonjs asin=”B016Z98AVU” locale=”JP” title=”デイトナ(Daytona) バイク専用電源2.1A USB(5V / 2.1A)1ポート 93039″]

4位 座布団

長距離を運転するにあたって、お尻が痛くなります。腰を浮かして運転したりして痛みを和らげようとしたりしましたが、何か良い方法がないか、調べました。調べるとゲルザブって商品があります。

[amazonjs asin=”B007JPH0NE” locale=”JP” title=”EFFEX(エフェックス) ゲルザブ R バイクシート 巻きつけタイプ GEL-ZAB EHZ3030R オートバイ 二輪用”]

しかし、10000円前後します。高いです。そこで自作しました。ニトリの座布団で良い物を見つけました。

「ゲル シートクッション」です。これを、ベルトでシートに縛り付けるだけです。使ったベルトは、こちら。

[amazonjs asin=”B003I1F7HE” locale=”JP” title=”モンベル(mont-bell) ラダーロックストラップ25mm×120cm ブラック 1124374 BK 1124374″]

これは2本入りなんで、これで前後をシートに止めます。

結果ですが、500キロ走ってもお尻が痛くなる事はありませんでした。

このジェルが良い感じです。本当にこれは、作って良かった。費用 3300円です!

問題点は、直射日光で座布団が熱くなる事です。熱すぎて座って居るのも辛い場合があります。その場合は少しお尻を上げて空気で冷やしてやります。

SSTR2017の結果

SSTR2017の結果です。詳細な参加記事は、こちら

完走しました。結果、走行距離493.3kmで走行時間は10時間53分です。

 種別    時刻    オドメータ 場所
スタート 04:32 16807.8 南千石橋バス停
PA 05:18 16865.0 石川PA(下り線)
指定 05:27 16870.7 八王子滝山
SA 05:58 16904.4 談合坂SA(下り線)
PA 06:40 16924.1 初狩PA(下り線)
PA 06:59 16943.0 釈迦堂PA(下り線)
PA 07:11 16955.2 境川PA(下り線)
PA 07:49 16995.3 八ヶ岳PA(下り線)
PA 08:07 17016.8 中央道原PA(下り線)
SA 08:23 17032.1 諏訪湖SA(下り線)
道の駅 09:34 17086.0 風穴の里
PA 12:13 17197.7 飛騨白川PA(下り線)
SA 12:36 17225.5 城端SA(上り線)
SA 13:09 17244.8 小矢部川SA(上り線)
指定 13:48 17256.4 メルヘンおやべ
道の駅 14:28 17268.2 倶利伽羅 源平の郷
道の駅 15:07 17288.6 高松
ゴール 15:25 17301.1 千里浜海岸(SSTR特設ゴールゲート)

来年も参加するぞ!道の駅 狼煙を目指します。

SSTR2017に参加!バイクツーリングラリー

SSTR2017に参加しました。太平洋側で日の出を見て、石川県の千里浜に日の入りまでにゴールするイベントです。約600キロぐらい走りました。私は、南千石橋のバス停をスタート地点として出発しました。

このスタート地点は、他の参加者もちらほらいましたが、比較的すいているほうです。スタート後は新木場から首都高速に入り、大井JCTからC2→中央道→八王子ICで一度下りて、道の駅八王子滝山に寄りました。その後、中央道に入りPA、SAなどのチェックポイントをまわりました。

中央道は松本ICで、下りて一般道を使用して 9:40頃に道の駅 風穴の里に到着しました。野麦街道(国号158号)で高山に抜けました。

東海北陸道はトンネルが多く、気が抜けません。北陸道の小矢部ICで下りて、指定の道の駅「メルヘンおやべ」に寄ります。

そして、千里浜ドライブウエイを目指します。

途中、道の駅倶利伽羅源平の郷にも寄りました。

15時25分 ついにゴール!

 

完走できました。 特に問題無く順調そのものでした。道の駅 狼煙も行けたスケジュールでしたが、初めての参加の為、次回へ楽しみを残しておきました。

ゴール後は砂浜に駐車はしないで、指定の駐車場に入れます。

駐車場は芝生でしたが、スタンドに引く、木の板をくれました。

ゴールの内側

 

ゴールをすると、おにぎりとアサリのお味噌汁を頂きました。大変美味しかったです。

BMWのブースでは展示車や、マッサージのおねーさんまでいました。

なぜカワサキは協賛していないんだぁぁぁ

ヘリノックス テーブルワン ハードトップ購入

ヘリノックス テーブルワン ハードトップを購入しました。 オススメです。軽い

購入までの経緯

SSTRに参加する事になり、キャンプ泊も確定しました。ゼファー750で行くので積載量に限りがあります。テーブルは使う時は大きくて収納時は小さい方が良いです。ソロツーリング用のテーブルはamazonなどで3000円程度からありますが、天面が小さいのが多いです。私は広いのテーブルを探していました。色々調べるとヘリノックス テーブルワンがよさそうです。しかし値段が・・・ 高い。ちょうどクレジットカードのポイントも貯まっており、ポイントをamazonギフト券と交換して購入することになりました。

積載量の確認

一般的なキャンプ用アルミ食器を5つ並べても余裕があります。また、天面がハードトップなので、安定感があります。缶ビールなど置いても倒れる心配はありません。

[amazonjs asin=”B01E0RJZ0E” locale=”JP” title=”Helinox(ヘリノックス) テーブルワン ハードトップ ブラック 1822171 BK”]

サイズ600×400×390mm で、ソロ用テーブルで天面がここまで広いものは私が探した限りありませんでした。高さも39cmでヘリノックス チェアワンに吸わすとちょうどよいです。ちなみに私の身長は175cmです。

収納時のサイズ

以下の写真が、左からチェアワン、テーブルワン、コットワンです。

この3つなら60リットルの山岳用ザックに入れることができます。私はあとテント(モンベル ムーンライト2型)と寝袋、クッカーなどをいれて行きます。

[amazonjs asin=”B00U72QEFQ” locale=”JP” title=”Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK”]

[amazonjs asin=”B01DET6MUU” locale=”JP” title=”Helinox(ヘリノックス) コットワン コンバーチブル ブラック 1822170 BK”]

 

テーブルワンは絶対オススメです!

SSTR2017 参加!!

SSTR2017に参加!

SSTRってご存じですか?簡単に説明すると、日の出と同時に太平洋側の海岸から出発し、日の入りまでに日本海側の石川県千里浜までに到着するラリーです。順位や時間を競うのではなく、それぞれのライダーが自身の旅のテーマに沿い、無事にゴールゲートを通過し、全国から集ったライダー同士で交流を深める事を主な目的とした自己完結型のラリーです。

ゴールの千里浜なぎさドライブウエアは、日本で唯一砂浜を車やバイクで走れるところです。

“SSTR2017 参加!!” の続きを読む